美濃の和紙&紙布ブランド、SIBSI36がお届けする徒然ブログ
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
美濃和紙の里会館にて開催中です

JUGEMテーマ:アート・デザイン 展覧会の告知をしよう! 展覧会

 

こんにちは、SIBSI36です。

今日は暖かい日でしたね。

来週また雪が降るとのことですから、皆様どうぞ温かくしてお過ごし下さい。

 

先週の金曜日、自宅の隣の畑で美しいものを見ました。

椿の木に、つららが走っていたんです!

 

 

溶けかけた雪が落ちる時に凍ってしまったのでしょうか?

咲いた花とつららの反射がなんとも美しいです。

 

 

冬の朝日を浴びて穏やかに光るつららが幻想的で、

心が満たされる想いでついシャッターを押していました。

冬の早起き、三文の徳どころか素晴らしい体験をしました。

 

 

さて、先日1月25日より美濃和紙の里会館にて

『わ 空気が見える』展が開催されています。

 

こちらは東京を拠点に活動されている造形作家、

山本篤子さんと息子の市川航也さんによる紙の立体作品です。

 

 

山本さんの針なしホチキスで連ねた紙の作品と

市川さんの巨大和紙で作った折り鶴や

紙の切れ端で作った折り鶴が風に揺られて、

「今ここに存在する空気」というものを視覚でとらえることができます。

おふたりの、空間を生かした素敵な作品を是非ご覧ください。

3月12日(月)まで開催中です。

会期中の2月17日(土)と18日(日)には、作家さんの手ほどきで

ハードカバー手すき和紙ノートを作るワークショップがありますよ!

所要時間は約2時間、参加費は1000円です。

自分だけの素敵なノートを一緒に作ってみませんか?

要予約ですので、お申し込みは美濃和紙の里会館までお電話ください。

ご予約・お問い合わせは: 0575-34-8111

 

 

そして、春のSIBSI36の展示会が決まりました。

3月16日(金)〜4月1日(日)まで、いつもお世話になっております

ギャラリー・ボンブラさんでの開催です。

 

詳細が決まり次第、またこちらでお知らせいたします。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

SIBSI36

 

日本橋木屋にて開催中です

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:和の芸術・イベント

 

 

日々、ずいぶんと涼しい気候になってまいりました。

皆様如何お過ごしでしょうか?

 

 

さて、先日9月7日から日本橋木屋にて、SIBSI36の展示会を開催中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SIBSI36の定番から新作まで、様々な和紙・紙布製品が勢ぞろい。

和紙と柿渋の魅力を、実際にお手にとって感じていただける

またとない機会です。

お近くにお寄りの際は、是非お立ち寄りください。

 

10月11日まで、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

 

SIBSI36一同

 

 

展示品をリニューアルしました!

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:和の芸術・イベント

 

こんにちは、SIBSI36です。

 

美濃和紙の里会館へ行き、

先日のリニューアルオープンから展示中の商品(詳しくはこちら

を入れ替えてまいりました。

 

 

今回はファッション系が多めです。

 

 

 

 

WACCOさんのバッグも夏らしい白バージョン。

 

それから、このようにマットも展示してきました。

 

 

商品をお近くで見ていただける機会ですので、

美濃に行かれる際には是非、お立ち寄りください。

 

 

猛暑が日に日に厳しくなっておりますが

皆様、水分補給は怠りなく!

 

 

SIBSI36

美濃和紙の里会館、リニューアルオープン

JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

 

先日15日、美濃和紙の里会館がリニューアルオープンしました。

その企画展第一弾として、

5月29日(月)まで「美濃の紙 大見本市!」が開催中です。

SIBSI36も出展しています。

その模様をご覧ください。

 

 

会館2階に上がると正面にSIBSI36の商品がずらり。

定番をはじめ、新作もたくさん展示されております。

 

 

新作「リバーシブルマット」。片面は和紙のみの無地、

もう片面の一部が紙布になっているデザインで、

品の良いカジュアルさを感じていただけます。

 

 

新作二つ目、「つつみ」。

昔、おにぎりの竹皮包みがありましたよね。

そんなイメージで色々なものを包んで使っていただきたいと思って作りました。

 

 

新作三つ目、「タートルクッション」。

ミニクッションですが、亀の甲羅のようなデザインを施したこの存在感。

不思議と触っていたくなる、癒しアイテムなんです。

亀のあの、ゆったりした雰囲気を思い出させてくれるからかもしれません。

 

他にも展示品はたくさんありますので、お楽しみに。

 

さて、

右側の「洋の装い」スペースに、洋室のコーディネートルームがあります。

 

 

SIBSI36の和紙クッションと丸クッション、ブックカバー、

ラグなどがご覧いただけます。

 

そして正面左側の「和の装い」スペースには…

 

 

SIBSI36の原点とも言える和紙座布団、そして新作のひとつである

「柿渋と和紙のカゴ」などが。

 

和洋どちらも、とても素敵なコーディネートでまとめられた空間です。

ぜひ、お越しくださいませ。

 

 

吹き抜けに飾られたたくさんの紙の鳥たちも、とても気持ち良いですね。

 

美濃和紙の里会館でお待ちしております。

 

 

SIBSI36

 

展示会、終了と開催中のお知らせ
名古屋支店ペーパーボイスヴェラムにて開催しておりました
『和紙と紙布 ―その意外性』展、16日で無事終了いたしました。
多くの方に紙布を知っていただけたこと、心より感謝いたします。

そして、今開催中の展示会のお知らせです。

美濃和紙の里会館で1月23日(月)まで
『フォーカス美濃手すき和紙〜受け継がれる技と心〜vol.2』展が
開催されています。
一昨年ユネスコ無形文化遺産に日本の手すき和紙技術が登録されてからの
手すき和紙に対する国内外からの熱い視線。
「手漉き和紙を使う」をテーマにした展覧会、紙すき体験もできます。
お子様もご一緒にどうぞお越しください。

また、ギャラリー・ボンブラで開催中の
『吉祥寺北町ストリートウィンドー展2016 空風のおくりもの展』は
12月25日(日)が最終日となっております。
こちらは、
金・土・日のみ開廊、
13時から19時まで(最終日16時まで)の営業ですので、
お越しの際はご確認ください。
なお、ウィンドウ展示は夜間照明により終日鑑賞が可能です。

お近くにお寄りの際はぜひお立ち寄りください。