美濃の和紙&紙布ブランド、SIBSI36がお届けする徒然ブログ
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 来年が素晴らしき一年となりますよう。 | main | 美濃和紙の里会館にて開催中です >>
大学で講師をさせていただきました

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:大学生

 

去年のクリスマスの日ですが、

岐阜大学で初めて特別講師をさせていただきました。

呼んで下さったのは、地域政策学科の小西豊先生です。

国際経済学、主にロシア・中欧の市場経済化について研究されており、

「市場経済とは何か、なぜ市場経済がスムースに作動しないのか、

 その原因を探求する」ことが専門だそうです。

 

今回わたしが依頼されたのは、

・本美濃紙が世界遺産になたことによる良い影響/負の影響

・美濃手漉き和紙を知らない世代にどんなものか説明

・起業家として地域活性化のために何ができるのか、

 生徒に体験を話して欲しい

ということでした。

 

実際に生徒の皆さんにブックカバーと小銭入れをプレゼントしつつ、

どういった素材なのかを、

紙布・和紙糸・柿渋・世界遺産の本美濃紙・黒谷の手漉き和紙・

吉野の植物染手漉き和紙・美濃の落水紙・美濃手漉き和紙

を持参して説明させていただきました。

 

そして、本美濃紙が世界遺産となってどう変わってきたかについても語りつつ、

わたしが起業してからどんな挑戦をしてここに辿り着いたのか、

ということもお話させていただきました。

 

今は昔に比べ、起業がとても容易にできる時代です。

であるにもかかわらず、現在学生である世代の女の子たちは特に

家庭に入ってしまいたい、という考えが多いと聞きます。

確かに女性で起業することは、

昔より平易であるとはいえ今もたくさんの壁があるでしょう。

ただ、わたしがこれまでに生きてきてひとつ揺るぎなく思うのは、

 

やらずに後悔するより、やって納得したい

 

ということです。

何か好きなことがあるだけで人生は幸せなものですが、

そこから生まれる「何かやってみたい」と思う衝動は大切にして欲しいのです。

 

挑戦するというと大事のように思えてしまうかもしれません。

でも、起業も結局は

 

「誰かの役に立ちたい」「何かを変えたい」

 

という気持ちから立ち上がってくるものだと思うのです。

それはどんな小さな気持ちから始まっていてもきっと、

誰か・どこか・何かを良くするきっかけになります。

 

生徒の皆さんは頭も良く、

当然ながら情報は何でもネットで得られる世の中です。

でも頭が良くて情報も豊富なだけに、

やってもみないうちから自己完結して「やっぱやめておこう」

となることが多いように思います。

 

でも、生きていたら実際はどんなに頭で考えていても

思いもよらなかったことばかりが起こるものです。

それが大変でもあり、楽しみでもあり、

そして生きる醍醐味ではないでしょうか。

 

起業はそれをとても大きく感じることができるもののひとつ、だと思います。

やってみたいと思ったことは是非やってみて欲しい。

 

最後はそれを若い世代の皆さんに、強くお伝えしたかったのです。

 

 

たくさんのお話をさせていただいたところ、何人もの生徒さんが

感想文を書いて下さって、小西先生がそれを送ってくださいました。

経営学的な視点や純粋な感想など、

皆さん様々なことを感じて下さったようで、とても嬉しく思います。

 

わたしの体験談が若い皆さんにとって、何かしらお役に立てたら幸せです。

わたしにとっても、本当に有意義な時間となりました。

 

このような機会を与えてくださった小西先生に心より感謝いたします。

そして、わたしの話を真剣に聞いてくださった生徒の皆さんにも、感謝を。

 

次世代の皆さんが明るい未来を歩いて行けるよう

努力していきたいものだなあと、改めて思いました。

生徒の皆さんが素晴らしい人生を歩まれるよう祈り応援しています。

 

ありがとうございました。

 

追記:感想文において、生徒さんが柿渋製造の方のお名前を

間違えていらっしゃったので訂正させていただきます。

正しくは川村さんです。

 

 

SIBSI36

 

 

COMMENT