美濃の和紙&紙布ブランド、SIBSI36がお届けする徒然ブログ
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大学で講師をさせていただきました | main | ルームスに行ってきました >>
美濃和紙の里会館にて開催中です

JUGEMテーマ:アート・デザイン 展覧会の告知をしよう! 展覧会

 

こんにちは、SIBSI36です。

今日は暖かい日でしたね。

来週また雪が降るとのことですから、皆様どうぞ温かくしてお過ごし下さい。

 

先週の金曜日、自宅の隣の畑で美しいものを見ました。

椿の木に、つららが走っていたんです!

 

 

溶けかけた雪が落ちる時に凍ってしまったのでしょうか?

咲いた花とつららの反射がなんとも美しいです。

 

 

冬の朝日を浴びて穏やかに光るつららが幻想的で、

心が満たされる想いでついシャッターを押していました。

冬の早起き、三文の徳どころか素晴らしい体験をしました。

 

 

さて、先日1月25日より美濃和紙の里会館にて

『わ 空気が見える』展が開催されています。

 

こちらは東京を拠点に活動されている造形作家、

山本篤子さんと息子の市川航也さんによる紙の立体作品です。

 

 

山本さんの針なしホチキスで連ねた紙の作品と

市川さんの巨大和紙で作った折り鶴や

紙の切れ端で作った折り鶴が風に揺られて、

「今ここに存在する空気」というものを視覚でとらえることができます。

おふたりの、空間を生かした素敵な作品を是非ご覧ください。

3月12日(月)まで開催中です。

会期中の2月17日(土)と18日(日)には、作家さんの手ほどきで

ハードカバー手すき和紙ノートを作るワークショップがありますよ!

所要時間は約2時間、参加費は1000円です。

自分だけの素敵なノートを一緒に作ってみませんか?

要予約ですので、お申し込みは美濃和紙の里会館までお電話ください。

ご予約・お問い合わせは: 0575-34-8111

 

 

そして、春のSIBSI36の展示会が決まりました。

3月16日(金)〜4月1日(日)まで、いつもお世話になっております

ギャラリー・ボンブラさんでの開催です。

 

詳細が決まり次第、またこちらでお知らせいたします。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

SIBSI36

 

COMMENT